大学職員

大学職員

国立大学職員の給料はいくら? 元フリーターの場合

現役国立大学職員が大学職員の残業時間、残業代はしっかり支払われるかについて解説します。「大学職員の残業時間はどれくらいなの?」「残業代はちゃんと支払われるの? サービス残業とか休日出勤とかしてないの?」こういった疑問が解消できる内容となっています。
大学職員

国立大学職員の残業事情について解説 残業時間は? 残業代は支払われる!?

現役国立大学職員が大学職員の残業時間、残業代はしっかり支払われるかについて解説します。「大学職員の残業時間はどれくらいなの?」「残業代はちゃんと支払われるの? サービス残業とか休日出勤とかしてないの?」こういった疑問が解消できる内容となっています。
大学職員

大学職員は育児休業が取りやすい? 子育て世代の現役大学職員が解説します。

大学職員の育休取得について、現役大学職員が語ります。大学職員は育児休業が取りやすく、取得することのデメリットがほとんどありません。育休意外にも子育て世代に優しい福利厚生制度が整備されているので、子供との時間を大切にしたい、家族との時間を大切にしたいという人にとって、大学職員という仕事はとってもおすすめできます。
公務員

フリーターから公務員や国立大学職員にはなれるのか?

結論:フリーターからでも公務員試験に合格することは可能です。!フリーターから公務員や国立大学職員にはなれるのか、元フリーターで公務員試験合格者が解説します。
大学職員

国立大学職員に向いていない人の特徴とは?

こんな人は大学職員には向いていないかな?民間企業で働いていたほうが幸せかな?という人の特徴について、5つ例を挙げていきたいと思います。1つ目は上昇志向が強い人、2つ目は完璧主義な人、3つ目は事務処理が嫌いな人、4つ目は短気な人、5つ目は「合理化大好き!効率化大好き!」な人です。
公務員

国立大学職員へ転職してよかったこと、よくなかったこと

フリーターから国立大学職員へ転職してよかったこと、よくなかったことを3つずつ紹介します。リアルな感想を語っていますので、国立大学職員になりたいなぁと考えている方には役立つ内容となっています。
公務員

もし僕が大卒フリーターから公務員を目指すなら何をするか?

時間とお金の使い方を変える、筋トレと運動を始める・続ける、付き合う人を選ぶ・変える、新しいコミュニティに入る、投資を始める フリーターから国立大学職員に転職を成功させた管理人が今から公務員を目指すとしたら、なにに優先的に取り組むか?について解説します。
タイトルとURLをコピーしました